部下にどう接すべきか

どのように部下を指導したらいいのか考えている上司が結構いらっしゃることでしょう。特に異性の部下に対しては、どう接してどう話せばいいのか分からない上司も多いと思います。中でも、男性上司が女性部下に接する時は、必要以上に気を遣っている方も少なくないのではないでしょうか。逆に、気を遣わなさすぎて、女性部下とぎこちない間柄になっている男性上司もおられることと思います。なかなか異性の気持ちを察するのは難しいことですし、今の世の中ほんの些細な一言だと思っていたことが、セクハラ問題として捉えられるということもあります。仕事をする上でコミュニケーションは大事なものですし、部下と良好な関係が築けてこそ、よい仕事が出来るようになると思われている方が多いのではないでしょうか。まずは女性部下がどんなことを思っているのか、『女性部下の取扱説明書』を見て知りましょう。

今後の部下の将来のために、時には厳しく指導するべきだと思っている上司が少なくないと思うのです。職場をまとめる立場だからこそ、ハッキリと物を言うべきだと考えています。部下がこちらの意見に耳を傾けてくれることで、部下が前向きな気持ちになってくれることを期待しているのです。部下を想っているからこそ叱責することは致し方ないことだと感じていて、部下が何がいけなかったのかを気づいてもらいたいと思っています。部下が変わる可能性があると信じているからこそ、ストレートな意見をするべきだと感じているのです。

今の職場に馴染んでいる方は、いずれ人の上に立つ存在になることを予感していることでしょう。その存在になるに当たって、部下に指導している自分の姿を思い描いているのが窺えます。今まで上司から数々の指導を受けてきたことを思い返していき、指導によって今の自分があると思っているのです。だからこそ指導をすることの意義が高いと感じていて、人が成長する上での呼び水だと捉えています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です